トップページ>妊娠中絶

妊娠中絶

安全とプライバシーに配慮した医療を提供いたします。

妊娠初期の流産、もしくはやむを得ず妊娠の継続が不可能である方に対して母体保護法に従って中絶手術を行っております。健康面、プライバシー、費用面のいずれにおいても質の高い医療を提供いたします。

人工妊娠中絶について

人工妊娠中絶は、” 10代や20代の若い女の子の問題”だと思っていませんか?実は、決してそうではないのです。
厚生省の調査によると、実は10代よりも30代の女性の方の人工妊娠中絶件数のほうが、圧倒的に多いという結果が出ています。特に40歳以上の方は、経済的・体力的などの理由により3人目・4人目を中絶せざるを得ないケースが多いようです。

人工妊娠中絶は、妊娠する可能性がある体である限り、どの年代の女性にとっても大きな問題なのです。

当クリニックでは、人工妊娠中絶手術をお受けになる方に対して、「健康」「プライバシー」「費用」3つの配慮を大切にした医療をご提供しています。

中絶を繰り返さないために

女性の身体面、精神面双方への影響を考えても、中絶を繰り返すのは決して好ましいことではありません。避妊が失敗した場合、肉体的・精神的に大きなダメージを負うのは男性ではなく女性です。当クリニックではそのような重大な行為を男性に任せるのはよくないと考え、適応があると考えられる方に対して避妊ピルの服用や避妊リングの使用をお勧めしています。副作用や金銭面など不安を抱える方、面と向かって話しづらい方も多いと思われますので、当サイトにて無料でメール相談にも応じさせていただいております。まずはお気軽にご相談ください。

「健康面」への配慮

人工妊娠中絶の手術を受けるにあたっては、手術による体への負担はもちろん、皆様、術後の「感染」や「月経不順」「不妊症」を心配されます。人間が人間に対して行う医療行為に“絶対の安全”などというものは存在しません。しかし、当クリニックにおいては“絶対の安全”に近づけるよう、絶えず努力をしております。最新の医療器具を揃え、十分な経験を積んだスタッフが責任を持って対応いたします。

「プライバシー」への配慮

クリニック案内でご紹介しておりますとおり、当クリニックでは質の高い医療を提供するのは当然として、なによりも患者さまに対するプライバシーとお待ち頂く時間・空間への配慮を重視しております。
どのような理由であれ、人工妊娠中絶には大きな精神的負担がかかります。当クリニックは、健康面だけでなく、患者さまとそのご家族に対する精神面への負担を少しでも軽くできるように配慮いたします。

「費用面」への配慮

保険が使えずに自費診療になる分については、患者さまの負担が少なくなるよう努力しております。
また、現金を持ち歩かなくてもいいように各種クレジットカードによるお支払いにも対応いたします。

 

はちウィメンズクリニック・安城

〒446-0051 愛知県安城市箕輪町唐生37番地

TEL:0566-71-4800

診療時間 平日9:00〜12:00/16:00〜19:00 土曜日 9:30〜13:30

Copyrights(c)2010 HACHI WOMEN'S CLINIC. All Rights Reserved